ポータブル電源

ホルムズ海峡封鎖ならポータブル電源はやはり必要 – 計画停電・電気代高騰リスクに備える

ホルムズ海峡封鎖ポータブル電源
一部の記事でアフィリエイト広告を利用しています

みなさんこんにちは ! ありーなです

ネットではホルムズ海峡が封鎖するとかしないとか言われていますが、ホルムズ海峡が閉鎖されたら何が起きるのですか?

ありーな

ホルムズ海峡が封鎖されるのかは分かりません。しかし封鎖されてしまったらわれわれの生活はかなり苦しくなるのは間違いありません。特に日本は原油などのエネルギーを中東からの輸入に頼っており、もし輸入が止まれば電気の使用制限や計画停電、電気代の高騰が予想されます。その備えとしてポータブル電源はやはり必要です

ぜひ最後までご覧ください!

ホルムズ海峡封鎖で影響が出るエネルギー輸入

2023年10月に始まったイスラエルとハマスの戦闘は、収まるどころかいつまでも続く勢いです。

周辺地域にも戦渦が拡がり、フーシ派による紅海での貨物船攻撃でバブ エル マンデブ海峡やスエズ運河の海運はすでに大きく乱れています。

物流コストなどが上昇し物価の高騰は避けようがありませんが、最近ではさらなる悲劇が現実味を帯びてきました。

それがホルムズ海峡の封鎖です。

「ホルムズ海峡の封鎖なんてあり得ない」という声もありますが、もし封鎖されてしまったらどんな影響が出てくるのでしょうか?

自分や家族の暮らしを守るためには、事前に想定して備えておくことしか防衛策はなさそうです。

輸入原油の9割以上を中東に依存する日本人の暮らし

日本のエネルギー自給率は10%程度と言われますが、原油に限ってはほぼ100%(99.7%)が海外に依存しています。

国内に届いた原油は精製されガソリンやナフサ、灯油、軽油、重油、LPガスなどの石油製品になりますが、その原油の91.9%がホルムズ海峡を通る中東からの輸入されています。

原油の輸入が止まれば、車やトラックの燃料、火力発電所の燃料、石油化学製品の原料が枯渇することとなり、日本人の生活に大きな影響をおよぼします。

以前の記事で日本には約7.7ヶ月分(2023年11月時点)の石油が備蓄されていると書きました。

一見するとある程度十分な備蓄があるように見えますが、実際に輸入がストップした場合、何が起きるかは分かりません。

「備蓄は産業用に回されるので、一般市民の生活は制限される」

「封鎖がいつまで続くか見えないので、備蓄があったとしても暮らしは制限される」

ネットで調べると、こんな意見が出てきます。

普通に考えれば、われわれの生活が制限されるのは間違いなさそうです。

ありーな

政府が発表している備蓄量データについて「2か月遅れのデータでここ数ヶ月で備蓄量はどんどん減っている」という情報があります。その真偽は確認できていませんが、もし本当なら制限はもっと厳しくなります

日本のエネルギー輸入と備蓄については、こちらの記事もご覧ください

ポータブル電源は必要か2
ポータブル電源は必要か?日本のエネルギー輸入と備蓄、発電データから考える みなさんこんにちは ! ありーなです 友だちが「中東での戦争で海峡が閉鎖されて石油が入ってこなくなるか...

エネルギー不足で考えられる計画停電と電気代高騰

中東からの輸入がストップすると、物流の混乱や物価の高騰が進みます。

すぐさま電気の使用制限が呼び掛けられ、計画停電や電気代の値上げの話しが半ば当然のように出てくるのではないでしょうか。

1) 計画停電のリスク

「計画停電」と聞くと東日本大震災のときのことを思い出しますが、ホルムズ海峡封鎖がきっかけとなりもし計画停電が実施されるなら、その規模は想像を上回る規模かもしれません。

国と電力会社各社は東日本大震災の教訓を活かし「計画停電の考え方」を取りまとめ公表しています。

各社とも「計画停電は1日2時間程度」「停電地域はグループ単位で毎日変更する」といった案を出していますが、この程度で済むのでしょうか?

中東からの輸入がストップすると、日本全国で燃料不足が発生します。

その時に何が起きるのかは分かりませんが、今ならまだリスクを想定して備えることが可能です。

電力会社が公表した「計画停電の考え方」は、こちらをご覧ください

計画停電 電力会社
計画停電はこうやる-電力会社10社の考え方暖冬と言われた今年の冬も寒波や大雪のニュースが増えてきました。雪があまり降らない地域で大雪が降ったときに考えられるリスクを想定し、それぞれに役立つポータブル電源の選び方・おすすめ機種を紹介します...

2) 電気代の高騰リスク

「計画停電」とともに私たちの暮らしを苦しめる可能性があるのは「電気代の高騰」です。

現在の電気代は国が行う「燃料油価格激変緩和措置」により、1kWhあたり3.5円の補助(低圧・従量制の場合)が出ています。

この補助は2024年4月末まで5月使用分は1kWhあたり1.8円と半減しますが、その後については「調整しながら進めていく」と曖昧になっている点が不安材料です。

最悪の事態では補助金が打ち切られます

もっと怖いのは、輸入する燃料価格に連動する「燃料費調整単価」の高騰です。

実は2023年に行われた電気料金改定で、「燃料費調整単価」の上限が撤廃されました。

電力会社と「規制料金」で契約していた家庭は、改定前は「燃料費調整単価」に上限があり、輸入燃料費価格が高騰しても上限額に達したらそれ以上の値上げはされませんでした。

しかし上限が撤廃されてからは、輸入する燃料価格が値上がると、それに伴って電気代が際限なく上昇するリスクにさらされています。

海峡封鎖への備えはポータブル電源を購入するタイミング

ホルムズ海峡の封鎖が本当に起きるかは分かりませんが、エネルギー輸入が止まるような事態が本当に起きたら、その時は自分や家族の危機に直結します。

海峡封鎖の可能性が高まっていると考えるなら、ポータブル電源を購入して備えるタイミングかもしれません。

ポータブル電源は高いというイメージがありますが、実はそうでもありません。

特にソーラーパネルとセットで持っておけば、いろいろなリスクに対応可能です。

ホルムズ海峡封鎖によって想定される計画停電や電気代高騰だけでなく、災害への備え、毎日の暮らしで使うことで電気代の節約にも貢献してくれます。

ポータブル電源は実は安いかもという記事は、こちらをご覧ください

ポータブル電源 必要ない 安い
ポータブル電源は必要ない?ソーラパネルとセットで買えば実は安いのかも みなさんこんにちは ! ありーなです ポータブル電源を買いたいのですが「高いから我が家には必要ない!」...

ポータブル電源の普段使いによる電気代節約については、こちらの記事をご覧ください

ポータブル電源 防災 普段使い おすすめ
ポータブル電源購入は防災用+普段使い(電気代節約)がおすすめ みなさんこんにちは ! ありーなです ポータブル電源を災害・非常用に購入しようかと思いましたが、値段が...

計画停電に備えたポータブル電源の選び方は、こちらをご覧ください

計画停電 ポータブル電源 選び方
計画停電に備えたポータブル電源の選び方戦争がきっかけでエネルギー輸入が止まるかもしれませんし、突然の大規模災害が起きるかもしれません。起きないと思われがちな計画停電ですが、ポータブル電源を選ぶなら「計画停電に備える」という視点も必要です...

まとめ

今私たちは何事もないかのように暮らしていますが、中東で起きていることは日本人の暮らしに大きな影響を与えます。

原油の9割以上を依存する中東からの輸入が止まれば、日本人の暮らしが一変するのは明らかで、ことが起きてからでは間に合いません。

ポータブル電源とソーラーパネルを持っていれば、もし電気が止まったとしても自分で電気を作れます。

計画停電が起きても、電気代が高騰しても、災害が起きても、自分や家族を守れます。

ホルムズ海峡の封鎖という大きなリスクが見えてきた今、ポータブル電源を購入して備えるタイミングなのかもしれません。

【人気メーカー4社のセール情報】

Anker, Bluetti, EcoFlow, Jackeryのセール、お買い得情報を紹介します

エコフロー公式オンラインストアでは4月8日(月)~5月3日(金)EcoFlow会員フェスタ開催中
4月15日(月)~29日(月)には最大50%OFFかつエコポイント最大5倍還元のセール実施中

ジャクリ公式オンラインストアでは4月15日(月)~22日(月)春のおでかけSALE開催中

★4月19日(金)~22日(月)に開催中のアマゾンスマイルSALEでは各メーカーかなりお買い得な価格で販売しています

Jackery春のおでかけSALE
【セールのお買い得はコレ!】Jackery春のお出かけSALEジャクリ公式オンラインストアで開催するJackery春のおでかけSALEがどれくらい安いのか、昨年行われたセールの最安値・平均値と比べながら紹介します...
アマゾンスマイルSALEジャクリセール
Jackery公式Amazon店 スマイルSALEはどれだけ安い?ジャクリ公式アマゾン店で開催中のAmazonスマイルSALEの価格がどれだけ安いのかを調べました。他の公式ストアで販売中のポータブル電源価格と比較して最安値はどこなのかを紹介します...
Bluettiアマゾン店GWお出かけセール
【SALEのお買い得はコレ!】Bluetti公式アマゾン店 GWお出かけセール(amazonスマイルセール)ブルーティ公式アマゾンでGWお出かけセールが始まりました。発売されたばかりのAC240をはじめ、お買い得商品がいっぱいです。他の公式オンラインストアと価格を比較してどれだけ安いのかを紹介します...
【SALEのお買い得はコレ!】EcoFlow会員フェスタセールEcoFlow新生活応援キャンペーンでは、超大容量ポータブル電源DELTA Proが50%OFFです。割引対象商品の75%が過去最安値のセール内容を、エコフローの過去のSALEと比べながら紹介します...

Anker 最安値 比較
アンカーのポータブル電源の価格比較 今買うならどこが最安値?アンカーのポータブル電源を最安値で買えるのはどこ? Anker公式オンラインストア(公式WEBサイト、Anker Directアマゾン店・楽天市場店・ヤフー店)の価格を比較してお目当ての機種をお得に買いましょう...
Bluetti 最安値 比較 どこ2
Bluettiポータブル電源の価格比較 - 今買うならどこが最安値? みなさんこんにちは ! ありーなです Bluettiには公式オンラインストアだけじゃなく、公式アマゾン...
エコフロー 最安値 比較
エコフローポータブル電源の価格比較 - 今買うならどこが最安値? みなさんこんにちは ! ありーなです EcoFlowには公式オンラインストアだけじゃなく、公式...
ジャクリ 最安値 比較 どこ2
ジャクリのポータブル電源の価格比較 - 今買うならどこが最安値? みなさんこんにちは ! ありーなです ジャクリの公式オンラインストアだけじゃなく、公式アマゾン店や楽天...
ポータブル電源SALE
ポータブル電源のセール/お買い得情報 ポータブル電源人気メーカーが開催するセール/キャンペーン情報についてまとめました 現在開催中のセール/キ...

ABOUT ME
あり~な
エネルギーや食料の不安・価格高騰から大切な家族を守るため、役立つのはポータブル電源と備蓄(食料・日用品など)です。迫りくるリスクにしっかり備える方法やアイデアを紹介します。詳しくは「プロフィール」をご覧ください