持っててよかったポータブル電源
ポータブル電源

アンカー大容量ポータブル電源比較と選ぶポイント

Anker大容量ポータブル電源比較
一部の記事でアフィリエイト広告を利用しています

みなさんこんにちは ! ありーなです

ポータブル電源のことを調べていたらアンカーが出てきました。アンカーのモバイルバッテリーは持っていますが、アンカーってポータブル電源も作っていたんですね?

ありーな

そうなんです。アンカーはポータブル電源メーカーとしても人気で、大容量機種から小容量機種まで、幅広く商品を展開しています。今回はアンカーの大容量機種のスペックや特徴と共に、機種選びのポイントを紹介します。購入を検討する場合はぜひお役立てください

★アンカーセール情報★

★現在、アンカー公式オンラインストアで開催されている
セールはありません

Anker(アンカー)とは

「Anker」は2011年中国湖南省長沙市で設立された「Anker Innovations Limited」のモバイル充電ブランドです。

Googleのエンジニアだったスティーブン・ヤンを中心に、Google出身者を中心に設立された「Anker Innovations Limited」は、「Anker」の他にもオーディオブランド「Soundcore」やスマートホームブランド「Eufy」、プロジェクターブランド「Nebula」といった姉妹ブランドを展開しています。

モバイルバッテリーなどのスマートフォン・タブレット関連製品を高品質で低価格で提供している同社は、アメリカ・日本・ヨーロッパなど世界140ヶ国以上でビジネスを行っています。

アンカーについての詳細は、こちらの記事で他メーカーと比較しな柄紹介しています

人気ポータブル電源メーカー4社比較 Anker, Bluetti, EcoFlow, Jackery戦争がきっかけでエネルギー輸入が止まるかもしれませんし、突然の大規模災害が起きるかもしれません。起きないと思われがちな計画停電ですが、ポータブル電源を選ぶなら「計画停電に備える」という視点も必要です...

Anker(アンカー)ポータブル電源の他社にない特徴

ポータブル電源のリーディングカンパニーであるアンカーは、他社にはないさまざまな特徴を備えた商品やサービスを展開しています。

世界No.1モバイル充電ブランドとしての信頼と実績
 ⇒モバイルバッテリーや充電器など、国内オンラインシェア1位

高い研究開発力と独自の技術力
 ⇒Power IQやSurge Pad機能、急速充電技術HyperFlashなど

高い品質を裏付ける長期保証
 ⇒大容量ポータブル電源の全商品で5年の長期保証

大容量機種でも全ての機種にLEDライトが搭載されている
 ⇒他社ポータブル電源の大容量機種にはLEDライトが付いていないことが多いのですが、アンカーはすべての機種にLEDライトが付いて災害対応を重視しています

全ての機種でリン酸鉄リチウムイオン電池を採用
 ⇒リン酸鉄リチウムイオン電池は安全性が高く長寿命

Anker(アンカー)大容量ポータブル電源を選ぶポイント

ポータブル電源を選ぶときの条件は人それぞれ違います。

ポータブル電源を選ぶ際に想定される条件について、Ankerの大容量ポータブル電源(容量1000Wh以上)6機種を相対的に評価しました。

該当する6つの機種の中で順位が付けられるものについては「1位」「2位」「3位」…、機能の有り無しについては「有」「無」と記載しています。

自分の好みに一番近い機種はどれかを見極める際の参考としてください。

機種選びの際のポイントSolix F3800Anker 767Solix F1500Anker 757Solix C1000Anker 555
できるだけ容量が大きなポータブル電源が欲しい1位2位3位4位5位6位
消費電力が大きな電化製品を使えるポータブル電源が欲しい1位2位4位5位3位6位
できるだけ軽いポータブル電源が欲しい6位5位4位3位2位1位
できるだけ小さなポータブル電源が欲しい6位5位3位3位2位1位
できるだけ充電速度が速いポータブル電源が欲しい2位3位4位5位1位6位
100Vだけでなく200VのAC出力も使いたい
15Aだけでなく20AのAC出力も使いたい
できるだけ安全なポータブル電源が欲しい1位1位1位1位1位1位
できるだけ長寿命なポータブル電源が欲しい1位1位1位1位1位31位
50/60Hz切替ができるポータブル電源が欲しい
寒い場所にも強いポータブル電源が欲しい1位1位1位1位1位1位
暑い場所にも強いポータブル電源が欲しい1位1位1位1位1位1位
保証期間が長い(5年以上)のポータブル電源が欲しい1位1位1位1位1位1位
将来容量を拡張できるポータブル電源が欲しい1位2位6位6位3位6位
スマホで遠隔操作できるポータブル電源が欲しい
LEDライトが付いたポータブル電源が欲しい
UPS(無停電電源装置)機能が付いたポータブル電源が欲しい

Anker大容量ポータブル電源機種一覧

Anker Solix F3800 Portable Power Station

Anker Solix F3800 Portable Power Stationは、2023年11月に発売された新機種です。3840Whの大容量に加えて、5000Wの高出力を実現。複数の家電をつないで使うことが可能です。200V出力にも対応し、大型エアコンや電動工具を動かすこともできます。100Vと200Vの電化製品を同時に使うこともできて便利です。急速充電にも対応しACポートからの充電で80%まで2.6時間、ソーラーパネルからは2時間で100%充電できます

Anker Solix F3800の取扱説明書はこちら

Anker 767 Portable Power Station

Anker 767 Portable Power Stationは、2022年11月に発売された機種です。世界初GaN(窒化ガリウム)を搭載したポータブル電源で、リン酸鉄リチウムイオン電池の中でも高い安全性を誇ります。容量2048Wh、出力2000Wのスペックで、約2時間で満充電できる急速充電機種です。UPS、アプリ連携、拡張バッテリー連結などの機能も搭載しています

Anker 767の取扱説明書はこちら

Anker Solix F1500 Portable Power Station

Anker Solix F1500 Portable Power Stationは、2023年10月に発売された新機種です。人気モデルAnker 757を同サイズのまま容量25%アップさせたモデルで、容量1536Wh、定格出力1500Wを誇ります。Anker独自のSurge Pad機能を搭載し定格消費電力が1800Wまでの機器を負荷なしで稼働できます。80%まで1.4時間、満充電まで2時間と超急速充電機種です

Anker Solix F1500の取扱説明書はこちら

Anker 757 Portable Power Station

Anker 757 Portable Power Stationは、2022年4月に発売された容量1229Wh、定格出力1500Wのポータブル電源です。約30%容量を増やす形でSolix F1500に引き継がれましたが、大容量フラグシップ機種として高い人気を誇ってきた機種です。ACなら80%まで1時間、ソーラーパネルからも80%まで1.9時間と急速充電な機種は、Solix F1500発売後はかなりお買い得に買えるようになりました

Anker 757の取扱説明書はこちら

Anker Solix C1000 Portable Power Station 

Anker Solix C1000 Portable Power Stationは、2023年11月に発売された新機種です。ベージュとグレーの2色から選べるのも特徴の、超急速充電ポータブル電源(100%までわずか58分で充電可)です。容量1056Wh、定格出力1500Wで、1000Whクラスの他機種と比べると約15%の省サイズを実現しています。UPS、アプリ連携、拡張バッテリー連結、Surge Pad(2000W)などの機能も搭載しています

Anker Solix C1000の取扱説明書はこちら

Anker 555 Portable Power Station 

Anker 555 Portable Power Stationは、2022年8月に発売された容量1024Wh、定格出力1000Wのポータブル電源です。ACアダプタとUSB急速充電機(別売り)からの同時充電機能、省電力モード搭載、高い耐衝撃性能、3つの高出力USB-Cポート搭載などの特徴を備えた一台です

Anker 555の取扱説明書はこちら

Anker大容量ポータブル電源比較詳細

Ankerの大容量ポータブル電源6機種を項目ごとに比較した詳細を紹介します。

上で順位付けした相対的評価の根拠です。

ビジュアル的に分かりやすいように、機種ごとに色分けしています。

【機種ごとの色分け】

基本スペック(容量・定格出力・最大出力)比較

上のグラフはそれぞれの機種の容量(Wh)を横軸、定格出力(W)を縦軸、最大瞬間出力(W)を円の大きさで表示しています。

容量(Wh)は電化製品をどれだけ長く動かせるか、定格出力(W)と最大瞬間出力(W)はどんな電化製品を動かせるかに関係してくる数字です。

機種名容量定格出力Surge Pad機能最大瞬間出力
Solix F38003840Wh5000W8500W
Anker 7672048Wh2000W2500W4000W
Solix F15001536Wh1500W1800W2400W
Anker 7571229Wh1500W2400W
Solix C10001056Wh1500W2000W2000W
Anker 5551024Wh1000W1500W

このグラフから、次のようなことが見えてきます。

【Anker大容量ポータブル電源の基本スペックについて分かること】

・Solix F3800の基本スペック(容量・定格出力など)は桁違いに大きい
 ⇒エクストラバッテリーをつなげば更に高スペックとなる

・Anker757の容量を約30%増やした後継機Solix F1500は、その他の基本スペックは変わっていない
 ⇒定格出力 (1500W)、最大瞬間出力 (2400W)に変更なし

Anker 767、Solix F1500、Solix C1000にはSurge Pad機能が搭載された
 ⇒Surge Pad機能については「参考」を参照ください

最大瞬間出力を表す円の中心から上に伸びる矢印は、Surge Pad機能を表しています。

Surge Pad機能はアンカー独自の技術で、ポータブル電源の定格出力を超える消費電力を持つ電化製品でも、機器に過負荷なしで稼働できる機能です。

Surge Pad機能があれば「定電圧機能」と同様に、「災害時などどうしても必要なときにだけ消費電力が大きな調理家電を使う」という使い方が可能です。

ただし「定電圧機能」が電化製品側の消費電力を下げることで使えるようにするのに対して、「Surge Pad機能」は電化製品に過負荷なしで稼働できる点が異なります

重量(重さ)比較

上のグラフはAnker大容量ポータブル電源の6機種を容量(Wh)の大きい順に左から並べ、それぞれの重量を比較したものです。

全ての機種がリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており容量が大きい機種ほど重くなるのが普通ですが、新しく発売された「Solixシリーズ」のSolix F1500とC1000は容量の割には軽量化が図られています

機種名容量重量1Wh当り重量
Solix F38003840Wh60Kg1.56g
Anker 7672048Wh30.5Kg1.49g
Solix F15001536Wh19.8Kg1.29g
Anker 7571229Wh19.1Kg1.55g
Solix C10001056Wh12.9Kg1.22g
Anker 5551024Wh13.1Kg1.28g

ありーな

容量1024WhのAnker 555より容量1056WhのSolix C1000の方が、200g軽くなっています。「1Wh当り重量」を見るとSolix F1500とSolix C1000が軽量化されていることが分かります

サイズ(3辺合計)比較

上のグラフはAnkerの大容量ポータブル電源6機種を容量(Wh)の大きい順に左から並べ、それぞれのサイズ(3辺合計)を比較したものです。

このグラフから、次のようなことが見えてきます。

【Ankerの大容量ポータブル電源のサイズについて分かること】

Anker 757とその後継機Solix F1500は同じサイズの筐体(容器)を使っている
 ⇒ただし筐体の塗装色などは異なる

Ankerの大容量ポータブル電源6機種のサイズ詳細は次の通りです

機種名容量(参考)幅x奥行x高さ3辺合計
Solix F38003840Wh388x395x702mm1485mm
Anker 7672048Wh525x250x395mm1170mm
Solix F15001536Wh463x237x288mm988mm
Anker 7571229Wh463x237x288mm988mm
Solix C10001056Wh376x205x267mm848mm
Anker 5551024Wh350x188x295mm833mm

縮尺1/35で大きさを比較するとこのようになります

※写真がないものについてはデザイン図もしくはサイズが分かる四角で表示しています

充電速度(AC充電、ソーラー充電)比較

機種名容量(参考)AC充電ソーラー充電
Solix F38003840Wh急速充電技術HyperFlash
100%まで3.3時間
80%まで2.6時間
最短2時間
Anker 7672048Wh80%まで1.6時間
2時間
80%まで1.6時間
2時間で80%(200Wx5)
10時間(200Wx1)
Solix F15001536Wh100%まで2時間
80%まで1.4時間
80%まで最短2.3時間
(200Wx3)
Anker 7571229Wh1.5時間
1時間(80%)
80%まで最短2時間(200Wx3)
Solix C10001056Wh急速充電技術HyperFlash
58分
通常モード90分
80%まで最短2時間
(PS400x2)
Anker 5551024Wh4.1時間
AC+USBで80%まで2.8時間
5.5時間(100Wx2)
11.2時間(100W)

上の表は、それぞれの機種充電時間を比較したものです。

容量の違いがあるので比較はしにくいですが、Ankerの大容量ポータブル電源は超急速充電を一つの売りにしています。

中でもSolix C1000の商品ページでは、アンカー独自の急速充電技術HyperFlashを使い「世界最速の急速充電」を実現していると書かれています。

出力ポート数

機種名口数内、AC内、USB-A内、USB-C内、DC
Solix F3800137
100V 20Ax6
200V 20Ax1
2
12Wx2
3
100Wx3
1
シガーx1
Anker 767136
100V 20A
3
12Wx3
2
100Wx2
2
シガーx2
Solix F1500136
100V 15A
4
12Wx4
2
100Wx1
30Wx1
1
シガーx1
Anker 757136
100V 15A
4
12Wx4
2
100Wx1
60Wx1
1
シガーx1
Solix C1000116
100V 15A
2
12Wx2
2
100Wx1
30Wx1
1
シガーx1
Anker 555126
100V 10A
2
12Wx2
3
60Wx2
100Wx1
1
シガーx1

上の表は、それぞれの機種で使える出力ポートの数を比較したものです。

ACコンセント、USB-A、USB-C、DC出力ポートがそれぞれいくつ搭載されているかが比較できます。

アンカーポータブル電源のUSB-C(100W)にはアンカーの独自技術「Power IQ3.0」が使われています。「Power IQ」とはUSBポートに接続された機器を自動で検出し、機器に合わせた最大スピードで充電を行う技術です。Power Delivery (9V=3A/15V=3A/20V=5A)やQualcomm Quick Chargeなど、ほかの充電規格とも互換性があり、多くのスマホやタブレットなどを短時間で充電可能です

その他の機能(バッテリータイプ、サイクル数、拡張バッテリーなど)

機種名容量バッテリーサイクル数周波数動作温度充電温度保証期間拡張バッテリーアプリ連携LEDライトUPS
Solix F38003840Whリン酸鉄リチウムイオン3000回(80%)50Hz/60Hz切替-20℃〜40℃0℃〜40℃最大5年最大6台(26880Wh)Wi-Fi/Bluetooth〇UPS
20ms
Anker 7672048Whリン酸鉄リチウムイオン
(GaN窒化ガリウム)
3000回(80%)50Hz/60Hz切替-20℃〜40℃0℃〜40℃最大5年最大1台
(4096Wh)
Bluetooth〇UPS
20ms
Solix F15001536Whリン酸鉄リチウムイオン3000回(80%)50Hz/60Hz切替-20℃〜40℃0℃〜40℃最大5年Wi-Fi/Bluetooth〇UPS
20ms
Anker 7571229Whリン酸鉄リチウムイオン3000回(80%)50Hz/60Hz切替-20℃〜40℃0℃〜40℃最大5年Bluetooth〇UPS
20ms
Solix C10001056Whリン酸鉄リチウムイオン3000回(80%)50Hz/60Hz切替-20℃〜40℃0℃〜40℃最大5年最大1台
(2112Wh)
Wi-Fi/Bluetooth〇UPS
20ms
Anker 5551024Whリン酸鉄リチウムイオン3000回(80%)50Hz/60Hz切替-20℃〜40℃0℃〜40℃最大5年×〇UPS
20ms

上の表は、それぞれの機種に搭載されているその他の機能を比較したものです。

搭載されている機能の有無を比較しながら、自分の好みに一番近いポータブル電源を見つけてください。

Anker 767は世界初GaN (窒化ガリウム)を搭載したリン酸鉄リチウムイオンポータブル電源です。GaN (窒化ガリウム)はエネルギー変換効率が高く電力ロスを最小化できるため最大96%の変換効率を実現しています(一般的には88~91%)。発熱を抑え電子部品への負荷を軽減するため、長寿命化にも貢献します

Ankerの大容量ポータブル電源の最安値検索

アンカーのポータブル電源の正規品は公式オンラインストアの他、公式Amazon店、公式楽天市場店、公式ヤフー店、PayPayモール、auPayマーケットなどで購入できます。

それぞれのショップではセールや割引を随時開催していますので、最安値で販売しているショップを探した上で購入しましょう。

ポータブル電源 (Solixシリーズ):お買い得/最安値検索

Anker Solix F3800 Portable Power Station

Anker Solix F3800は通常価格699,900円の商品です

Anker Solix F3800の取扱いは、Anker公式サイトのみ(2024年2月5日現在)

Anker公式サイトで見る

Anker 767 Portable Power Station

Anker 767は通常価格299,900円の商品です

Anker公式サイトで見る

Anker Solix F1500 Portable Power Station

Anker Solix F1500は通常価格189,900円の商品です

Anker公式サイトで見る

Anker 757 Portable Power Station

Anker 757は通常価格169,900円の商品です

Anker公式サイトで見る

Anker Solix C1000 Portable Power Station 

Anker Solix C1000は通常価格139,900円の商品です

【ベージュ】

Anker公式サイトで見る

【グレー】

Anker公式サイトで見る

Anker 555 Portable Power Station 

Anker 555は通常価格149,900円の商品です

Anker公式サイトで見る

まとめ

人気のポータブル電源メーカーAnker(アンカー)の大容量ポータブル電源を選ぶときのポイントと、そのポイントごとに行った比較結果を紹介しました。

どのポータブル電源が自分にふさわしいのかは、ポータブル電源の使い道や使い方によって変わってきます。

人それぞれ重視するポイントが違いますので、自分のポイントに合わせて自分に適した1台を見つけてください。

【人気メーカー4社のセール情報】

Anker, Bluetti, EcoFlow, Jackeryのセール、お買い得情報を紹介します

★アンカー公式オンラインストアで、現在開催されているセールはありません


★ブルーティ公式オンラインストアでは、
6月5日(水)~23日(日)父の日セール開催中です

Bluetti父の日セール
【SALEのお買い得はコレ!】Bluetti父の日セールブルーティ公式オンラインストアで開催する「Bluetti父の日セール」のお買い得情報を紹介します。過去セールの実績と比べながらどの商品がどれだけ安いのかをご確認ください...

エコフロー公式オンラインストアでは、
6月5日(水)~24日(月)EcoFlowサマーセール開催中です

【SALEのお買い得はコレ!】EcoFlowサマーセールエコフロー公式オンラインストアで開催中のEcoFlowサマーセールがどれくらい安いのか、過去SALEの実績(最安値・平均値)と比べながら紹介します。新発売のAlternator Chargerもお買い得です...

★ジャクリ公式オンラインストアでは、
6月14日(金)~21日(金)グリーンエネルギー応援セール開催中です

Jackeryグリーンエネルギー応援セール
【SALEのお買い得はコレ!】Jackeryグリーンエネルギー応援セールジャクリ公式オンラインストアで開催するJackeryソーラー発電応援セールがどれくらい安いのか、昨年行われたセールの最安値・平均値と比べながら紹介します...

人気4ブランドの機種を、今、最安値で買えるのはどこかが分かります

Anker 最安値 比較
アンカーのポータブル電源の価格比較 今買うならどこが最安値?アンカーのポータブル電源を最安値で買えるのはどこ? Anker公式オンラインストア(公式WEBサイト、Anker Directアマゾン店・楽天市場店・ヤフー店)の価格を比較してお目当ての機種をお得に買いましょう...
Bluetti 最安値 比較 どこ2
Bluettiポータブル電源の価格比較 - 今買うならどこが最安値? みなさんこんにちは ! ありーなです Bluettiには公式オンラインストアだけじゃなく、公式アマゾン...
エコフロー 最安値 比較
エコフローポータブル電源の価格比較 - 今買うならどこが最安値? みなさんこんにちは ! ありーなです EcoFlowには公式オンラインストアだけじゃなく、公式...
ジャクリ 最安値 比較 どこ2
ジャクリのポータブル電源の価格比較 - 今買うならどこが最安値? みなさんこんにちは ! ありーなです ジャクリの公式オンラインストアだけじゃなく、公式アマゾン店や楽天...

ABOUT ME
あり~な
エネルギーや食料の不安・価格高騰から大切な家族を守るため、役立つのはポータブル電源と備蓄(食料・日用品など)です。迫りくるリスクにしっかり備える方法やアイデアを紹介します。詳しくは「プロフィール」をご覧ください