ポータブル電源

ポータブル電源の「容量」-考え方と選ぶポイント-

ポータブル電源の容量
一部の記事でアフィリエイト広告を利用しています

みなさんこんにちは ! ありーなです

ありーな

「ポータブル電源の容量で知っておくべきことは?」「どんな点に気を付けて容量を選べばいいの?」

そんな疑問にお答えします

記事内にある写真をクリックすると、拡大して見ることができます

ポータブル電源の「容量」とは?

ポータブル電源の「容量」とは、バッテリーに溜められる電気の量のことで、Wh(ワットアワー)という単位で表示されます。

同じ電化製品を使うなら、より大きな容量を持つポータブル電源ほど長く使えるため、容量が大きな機種ほどさまざまな用途に使えて便利です。

【大容量ポータブル電源とは?】

さまざまな場所で「大容量ポータブル電源」などと言われることがありますが、どこから「大容量」なのかは曖昧です。容量500Wh以上の機種を「大容量」と言っているところもあれば、1000Wh以上のところもあります。最近はこれまでにない大きな容量の機種が次々に発売されており、大容量の基準も変わっていくのでしょう。

本ブログでは容量1000Wh以上の機種を「大容量」としており、次のように分類しています

分類容量
超大容量2000Wh以上
大容量1000~1999Wh
中容量500~999Wh
小容量500Wh未満

ありーな

ポータブル電源の容量はやかんの中の水のようなイメージですね

1) 容量の単位「Wh」とは

Wh(ワットアワー)とは「何ワット(W)の電化製品を何時間(h)使えるか」を表した単位です。

つまり Wh = W(消費電力) × h(使用時間)を表しています。

単純化して説明すると、容量1000Whのポータブル電源なら、合計1000Wh分の電化製品を使えます。

具体例を挙げると、次のような計算です。

【1000Wh分の電化製品使用の例】(上の写真も参照)

① 消費電力1000Wのドライヤーなら1時間(1h)使用可能

②消費電力250Wテレビなら4時間(4h)使用可能

複数の電化製品を使う場合も、使えるのは合計1000Whまでです

例. 1000Wのドライヤーを30分(0.5h)と、250Wのテレビを2時間(2h)使用可能

ありーな

容量1000Whのポータブル電源だからと言って、実際は1000Wh分の電気を全て使い切ることはできません。DC-AC変換ロスが生じるので実際使える電力量は20%程少なくなりますし(実容量は8割程度)、電気を全て(0%まで)使い切ってしまうとバッテリーの劣化を招くからです

2) モバイルバッテリーで使われる「mAh」と「Wh」の違い

ポータブル電源の容量は「Wh」で表記されることが多いですが、「mAh(ミリアンペアアワー)」が使われる場合もあります。

「mAh」は「何ミリアンペア(mA)の電流を何時間(h)流せるか」を表しており、モバイルバッテリーのように小型のバッテリーでよく使われる単位です。

mAh(ミリアンペアアワー)をWh(ワットアワー)に変換するときは、次の計算式が頭に入れておけば分かりやすいかと思います。

W(ワット:消費電力)=V(ボルト:電圧)x A(アンペア:電流)

153,600mAhのポータブル電源のWhを計算してみます。

【153,600mAhのポータブル電源のWhを知りたい時】

1. 153,600mAhを1000で割ってAhに変換する
   153,600mAh ÷1000 =153.6Ah

2. 153.6Ahにポータブル電源のV数を掛ける(仮にV数を3.7Vとします)
   153.6Ah × 3.7V = 568Wh

  153,600mAh のポータブル電源は568.32Whです

ありーな

mAh ⇒ Wh に変換する場合、両方についている「h」を一旦取り外してみると mA ⇒ Wです。青字で書いた数式「W=VxA」に当てはめて考えると、A(h)にVを掛ければW(h)が出ることが分かります。WhをmAhに変換するときは、青字の数式をA=W÷Vと読み替えて計算するだけです

ポータブル電源の変換効率(変換ロス)と実容量

ポータブル電源は直流(DC)の電気をバッテリーに蓄電します。

電力会社から家庭に送られてくる電気は交流(AC)なので、ポータブル電源に壁のコンセントから充電するときは、交流から直流に変換します。

またポータブル電源に溜めた直流(DC)の電気をAC出力ポートで使う時、直流(DC)を交流(AC)に変換して出力します。

この時発生する損失を「変換ロス」と言い、機種によって10%~25%程度のロスが発生します。

つまり容量1000Whのポータブル電源で20%の変換ロスが発生する場合、実際に使える容量(実容量)は800Whです。

ありーな

「変換ロス」の逆からの見方が「DC-AC変換効率」です。電気をどれだけ効率的に使えるかを表す数字で、一般的には75%~90%程度と言われています

変換効率を考慮した場合の電化製品使用時間計算

ポータブル電源に変換ロスがあるならば、実際に使える時間はどれくらいでしょうか?

先ほど使ったドライヤーとテレビの例を使い、実際に使用できる時間を計算してみましょう。

写真にある容量1000Whのポータブル電源のDC-AC変換効率が80%と仮定した場合、実際に使える容量は800Whです。

つまり1000Wのドライヤーと250Wのテレビの使える時間は次の通りです。

【実容量800Wh分の電化製品使用の例】(上の写真も参照)

① 消費電力1000Wのドライヤーなら0.8時間(0.8h)使用可能

②消費電力250Wテレビなら3.2時間(3.2h)使用可能

複数の電化製品を使う場合も、使えるのは合計800Whまでです

1000Wのドライヤー0.4時間と、250Wのテレビ1.6時間使用できます

バッテリーを劣化させない「容量」の使い方

ポータブル電源は使い方次第でバッテリーの劣化速度を遅らせることができます。

バッテリーの劣化を防ぐためには余裕をもって使うことが大切で、電池残量が20%~80%の間で充電・放電しながら使うのが推奨されています。

とくに電気を全て使い切る使い方はNGで、電気がある程度残っている段階で「継ぎ足し充電」して使います。

ありーな

「DC-AC変換効率」や「バッテリーを劣化させない使い方」まで考慮した上で、自分に必要なポータブル電源の容量を考えられれば理想ですね

ポータブル電源の容量を選ぶポイント

では一体どれくらいの容量があるポータブル電源が必要なのでしょうか?

その答えは、人それぞれです

人それぞれ考慮すべきポイントは違いますが、変数の例として次のようなものがあげられます。

【自分にとって必要な容量を考えるときの変数】

・ポータブル電源をどんな場面で使いたいのか?

・どの電化製品をどれくらいの時間使いたいのか?

・その電化製品の消費電力は何Wあるのか?

・ポータブル電源を何人で使うのか(家族構成)?

・何日分の電気を蓄えておきたいのか? など

各メーカーが出している必要容量の試算/目安の例

参考までに各ポータブル電源メーカーが出している容量の試算/目安の例を紹介します。

【1. Bluetti(ブルーティ)社の試算】

上の写真はBluetti(ブルーティ)社が出している「災害停電時の生存のためのシミュレーション」です。

災害に備えてポータブル電源を購入する人にとって参考になる試算で、4人家族で1日2,529.5Wh必要としています。

この数字を算出した根拠は、スマホ4台+LEDランタン3台+ポータブル冷蔵庫24時間+扇風機(or電気毛布)7時間+炊飯器1時間です。

※Bluetti 5,000Wh何にどう使える?記載のデータを元に図解

【2. EcoFlow(エコフロー)社の試算】

EcoFlow(エコフロー)社は「緊急時の家庭での最低限必要な電力」を示しており、1日当り1,880Whの電気が必要と試算しています。

算出根拠は、4つの照明+扇風機+ルーター+ラップトップ+スマートフォンとしています(消費電力や使用時間などは不明)。

※EcoFlow公式アマゾン店 DELTA Pro商品ページより抜粋

【3.Anker(アンカー)社の目安】

・デイキャンプ:200Wh以上
・お泊りキャンプ:500Wh以上
・防災備蓄:700Wh以上
・節電:700Wh以上

※Anker ポータブル電源の選び方|容量や用途などのポイントで紹介より抜粋

【4.Jackery(ジャクリ)社の目安】

①Jackery ポータブル電源の選び方より抜粋

・日帰りキャンプや1日程度の使用:200Wh~
・キャンプや車中泊で扇風機、電気毛布などを使用する:350Wh~
・連泊キャンプや車載冷蔵庫など大型家電の使用:400Wh~
・防災目的としての使用を想定:500Wh~

②「徹底解説」用途別ポータブル電源容量目安を紹介より抜粋

アウトドア(キャンプや車中泊)におすすめの容量目安
・1日~2日間:400~500Wh
・2日~3日間:700Wh~

防災用におすすめの容量目安
・1000Wh以上

ありーな

ポータブル電源メーカー各社の試算/目安を見てもわかるように、どのような想定をするかによって「必要な容量」は変わってきます

まとめ

今回の記事では「容量に関して知っておくとよいこと」「容量選びのポイント」などを紹介しました。

ポータブル電源の購入前に「容量」について深く考えることはないかもしれませんが、「DC-AC変換効率」や「バッテリーを劣化させない使い方」など、知っておくとよいことが意外とあります。

自分に必要な「容量」を見極めるためには、ポータブル電源を使っている自分の姿をイメージしながら具体的に考え、積み上げていくことが必要です。

 容量別ポータブル電源の比較は、こちらをご覧ください 

容量ごとのポータブル電源機種比較は、こちらの記事をご覧ください

3000Whポータブル電源 比較
【容量3000Wh以上】超大容量ポータブル電源の使い道と機種比較(ブルーティ、エコフロー、ジャクリ)人気ポータブル電源メーカー4社(Anker, Bluetti,EcoFlow,Jackery)の3000Wh以上 超大容量ポータブル電源のおすすめを紹介します。エクストラバッテリーで拡張性があり非常用バックアップ電源としても使えます...
2000Whポータブル電源比較
【容量2000Wh台】家庭用/防災用のポータブル電源 - アンカー、Bluetti、エコフロー、Jackery比較・ランキング -人気ポータブル電源メーカー4社(Anker、Bluetti、EcoFlow、ジャクリ)の容量2000Wh台の機種を比較しながら、家庭用・災害用におすすめ機種をランキングで紹介します...
1500Whポータブル電源比較
【容量1500Wh以上2000Wh未満】普段使い/災害時のポータブル電源 - アンカー、エコフロー、Jackery比較・ランキング -人気ポータブル電源メーカー4社(Anker、Bluetti、EcoFlow、ジャクリ)の容量1500Wh以上2000Wh未満の機種を比較してみました。大容量機種を選ぶときの参考としてください...
1000Whポータブル電源比較
【容量1000Wh台】普段使い(節電)/防災用のポータブル電源 -アンカー、Bluetti、エコフロー、Jackery比較・ランキング- みなさんこんにちは ! ありーなです 普段使いや防災用に1000Whくらいのポータブル電源を探...
容量500-999Whポータブル電源選び
【容量500~999Wh】家庭/災害用のポータブル電源 -アンカー、Bluetti、エコフロー、Jackery比較・ランキング-ポータブル電源を選ぶなら、信頼と実績あるメーカーの商品がおすすめです。Anker、Bluetti、EcoFlow、ジャクリの容量500Wh~999Wh未満の機種を比較しながら家庭/災害用おすすめ機種をランキングで紹介します...
容量500Wh ポータブル電源 比較
【容量500Wh未満】家庭/災害用のポータブル電源 -アンカー、ブルーティ、エコフロー、ジャクリ比較・ランキング-信頼と実績あるポータブル電源メーカー、アンカー、ブルーティ、エコフロー、ジャクリの容量500Wh未満の機種を比較して家庭/災害用おすすめ機種をランキングで紹介します。最新機種Jackery 300PlusやAnker 522、Bluetti AC2Aも載っています...

 ポータブル電源のセール情報は、こちらをご覧ください 

【人気メーカー4社のセール情報】

Anker, Bluetti, EcoFlow, Jackeryのセール、お買い得情報を紹介します

アンカー公式オンラインストアで開催中のセールはありません

Ankerポータブル電源セール情報
【随時更新】アンカーのポータブル電源セール/最安値情報アンカー公式オンラインショップ(公式オンラインストア、Amazon店、楽天市場店、Yahoo店など)で開催されているセール/お買い得情報を紹介します。人気売れ筋商品の価格を随時更新して最安値もお知らせします...


★ブルーティ公式オンラインストアでは、サマービッグセール開催中です

Bluettiセール
【随時更新】ブルーティのポータブル電源セール/最安値情報Bluetti公式オンラインショップ(公式オンラインストア、Amazon店、楽天市場店、Yahoo店)で開催されているセール/お買い得情報を紹介します。人気売れ筋商品の価格を毎日更新して最安値をお知らせします...

エコフロー公式オンラインストアでは
夏の節電、EcoFlow応援キャンペーン開催中です

EcoFlowのポータブル電源セール最安値
【毎日更新】エコフローのポータブル電源セール/最安値情報エコフロー公式オンラインショップ(公式オンラインストア、Amazon店、楽天市場店、Yahoo店)で開催されているセール/お買い得情報を紹介します。人気売れ筋商品の価格を毎日更新して最安値をお知らせします...

★ジャクリ公式オンラインストアでは、期間限定セール開催中です

Jackeryのポータブル電源セール最安値2
【毎日更新】ジャクリのポータブル電源セール/最安値情報ジャクリ公式オンラインショップ(公式オンラインストア、Amazon店、楽天市場店、Yahoo店)で開催されているセール/お買い得情報を紹介します。人気売れ筋商品の価格を毎日更新して最安値をお知らせします...

ABOUT ME
あり~な
迫りくるリスクから大切なものを守るため、役立つのはポータブル電源と備蓄(食料・日用品など)です。備えておけば「安心感」や「心の余裕」が生まれ、まさかのときでも落ち着いて行動することができます。このブログでは今から備えておきたいポータブル電源と備蓄の情報・アイデアを紹介しています。詳しくは「プロフィール」をご覧ください