持っててよかったポータブル電源
ポータブル電源

ポータブル電源とソーラーパネルの2セット持ち 機種選びのポイントとおすすめの組合せ

一部の記事でアフィリエイト広告を利用しています

みなさんこんにちは !

ソーラーパネルの出し入れが面倒くさいと思いつつ、出しっぱなしにしてパネルが劣化するのは嫌なので朝晩のパネルの出し入れを欠かさない ありーな です

以前の記事「普段使いのポータブル電源はソーラーパネルとの2セット持ちが最強の理由」でポータブル電とソーラーパネルの2セット持ちをおすすめしました

2セットあった方が良いのは分かったけど、どんな機種を組み合わせればいいの?

という声にお応えして、2セット持ちするポータブル電源とソーラーパネルの選び方をまとめました

その選び方に基づいて選んだ「おすすめ機種の組合せ」も載せましたので参考としてください

ぜひ最後までご覧ください

2セット持ちの機種を選ぶポイント

「2セット持ち」とは、ポータブル電源とソーラーパネルそれぞれを2セット以上購入して日常生活で使うことですが、この記事ではポータブル電源を選ぶポイントのみ紹介します。

ソーラーパネルは、選んだポータブル電源と同じメーカーの機種を選ぶのが大前提ですが、どのサイズを選ぶのかはソーラーパネルを置ける自宅のスペースによって異なります。

充電時間が短くできるため高出力なソーラーパネルの方が良いのですが、広げられる場所がなければ意味がありません。

ありーな

それでは、家庭で普段使いする2セット(複数セット)持ちのポータブル電源の機種選びのポイントを紹介します

【2台持ちのポータブル電源を選ぶポイント】

① 2台とも同じメーカーの機種であること

ソーラー発電が急速で、できるだけ短時間で充電できること

③ 高出力ソーラーパネルをつなげるだけの、入力W数があること

④ 電気を溜めておける容量がある程度大きいこと

⑤ 使いたい家電を動かせるだけの定格出力を持っていること

⑥ 出し入れが苦にならないこと(交互に入れ替えて充電と使用をくり返すため)

① 2台とも同じメーカーの機種であること

大前提となるのは同じメーカーのポータブル電源・ソーラーパネルを揃えることです。

同じメーカーであればコネクタの形状が同じで簡単につなげますし、使いまわしもできます

もし何かトラブルや故障が起きても、サポートがスムーズです。

互換性のある機種であれば他社メーカーのソーラーパネルをつなぐこともできますが、思わぬトラブルが起きたり、トラブル時の保証・修理がサポート外になってしまうリスクもあり得ます。

② ソーラー発電が急速で、できるだけ短時間で充電できること

最近は、充電速度が速く「急速充電」を売りにしたポータブル電源が多く出てきています。

そのような機種はソーラー充電もかなり短時間で完了するため、普段使いに適しています。

人気メーカー2社(ジャクリ・エコフロー)の容量700Wh以上のポータブル電源でソーラー充電にかかる時間を調べてみました。

充電にかかる時間数は、何W出力のソーラーパネルを使うか、太陽はどれ位出ていたかなどによって左右されますのであくまでも参考値です。

新しい機種の方が充電速度が速いことが分かるように、表は発売日の新しい順で並べ変えています。

ありーな

一番右列の「ソーラー充電効率」は、1Whの電気を溜めるためにどれだけソーラー発電が必要かを知るために 容量Wh÷(充電時間×パネルW数)で算出した数字です。数値が高いほどソーラー発電の効率が良いという意味ですがあくまでも参考程度の数字です

ジャクリ社
ポータブル電源
容量ソーラー満充電時間
(ソーラーパネル枚数)
ソーラー充電効率
容量/充電時間×W数
Jackery 1500Pro
(2023年2月発売)
1512Wh2時間(200W x 6枚)
5時間(200W x 2枚)
11時間(200W x 1枚)
0.756
Jackery 1000Pro
(2022年9月発売)
1002Wh1.8時間(200W x 4枚)
17時間(80W x 1枚)
0.696
Jackery 2000Pro
(2022年5月発売)
2160Wh2.5時間(200W x 6枚)
7.5時間(200W x 2枚)
15時間(200W x 1枚)
0.720
Jackery 700
(2021年5月発売)
708Wh11時間(100W x 1枚)
17時間(60W x 1枚)
0.644
Jackery 1500
(2021年3月発売)
1534.68Wh5.5時間(200W x 2枚)
11時間(200W x 1枚)
19時間(100W x 1枚)
0.698
Jackery 1000
(2020年6月発売)
1002Wh8時間(100W x 2枚)
17時間(100W x 1枚)
0.626
※「ソーラー充電効率」は、平均的な「ソーラー満充電時間」を用いて計算しています

ジャクリのポータブル電源では、2022年5月に発売されたJackery 2000Pro以降のProシリーズでソーラー充電効率が上がっていることが見て取れました。

エコフロー社
ポータブル電源
容量ソーラー満充電時間
(ソーラーパネル枚数)
ソーラー充電効率
容量/充電時間×W数
RIVER 2 Pro
(2023年3月発売)
768Wh4時間(110W x 2枚)0.873
DELTA 2
(2022年8月発売)
1024Wh3~6時間(400W x 1枚)0.569
DELTA Max 1600
(2022年3月発売)
1612Wh3.1~6.3時間(160W x 4枚)0.536
RIVER Pro
(2022年3月発売)
720Wh9~12時間(110W x 1枚)
6~12時間(160W x 1枚)
4~8時間(220W x 1枚)
0.818
DELTA Pro
(2022年1月発売)
3600Wh4~8時間(400W x 3枚)0.500
DELTA Max 2000
(2021年9月発売)
2016Wh3.2~6.3時間(400W x 2枚)0.536
DELTA mini
(2021年8月発売)
882Wh3~6時間(400W x 1枚)0.490
※発売日の新しい順に並べています

エコフローのポータブル電源では、容量が小さめなRIVERシリーズのソーラー充電効率が高いことが分かりました。

③ 高出力ソーラーパネルをつなげるだけの、入力W数があること

ポータブル電源の「仕様」を見ると、「ソーラー入力W数(最大)」という数字が書かれています。

この数字はソーラーパネルで発電した電気を、ポータブル電源に同時に何Wまで入力できるかを表しており、数字が大きいほど高出力の電気を受け入れることができます

つまり数字が大きいほど高出力のソーラパネルをつなぐことができますし、パネルを複数つなぎ合わせて高出力で発電した電気を受け入れることができます。

ジャクリ社
ポータブル電源
ソーラー入力
W数(最大)
ソーラー入力
電圧・電流
Jackery 2000Pro
(2022年5月発売)
最大1400W17.5-60V(動作電圧)/12A、
2ポート電流制限24A
Jackery 1500Pro
(2023年2月発売)
最大1400W17.5-60V(動作電圧)/12A、
2ポート電流制限24A
Jackery 1500
(2021年3月発売)
最大500W24V/10.5A (12-30V対応)
Jackery 1000Pro
(2022年9月発売)
最大800W17.5-60V/11A,
2ポート電流制限22A
Jackery 1000
(2020年6月発売)
最大200W24V/7.5〜8.33A (12〜30V対応)
Jackery 700
(2021年5月発売)
最大180W24V/7.5A (12〜30V対応)
※容量の大きい順に並べています

ジャクリのポータブル電源では、Proシリーズのソーラー入力W数(最大)が大きいことが分かりました。

エコフロー社
ポータブル電源
ソーラー入力
W数(最大)
ソーラー入力
電圧・電流
DELTA Pro
(2022年1月発売)
最大1600W11-150V 最大電流15A
DELTA Max 2000
(2021年9月発売)
最大800W11-100V 最大電流13A
DELTA Max 1600
(2022年3月発売)
最大800W11-100V 最大電流13A
DELTA 2
(2022年8月発売)
最大500W11-60V 最大電流15A
DELTA mini
(2021年8月発売)
最大300W11-75V 最大電流10A
RIVER Pro
(2022年3月発売)
最大200W10-25V 最大電流12A
RIVER 2 Pro
(2023年3月発売)
最大220W11-50V 最大電流13A
※容量の大きい順に並べています

エコフローのポータブル電源では、容量が大きな機種ほどソーラー入力W数(最大)も大きいことが分かりました。

ありーな

ソーラー入力W数(最大)までソーラパネルを増やすことができれば、より短時間でソーラー充電を完了することができます

④ 電気を溜めておける容量がある程度大きいこと

ポータブル電源は、バッテリーに電気を溜められる「容量」が大きいほど、長く電気を使い続けることができます

しかし一方で「容量」が大きいほど充電時間がかかってしまうというデメリットもあります。

ポータブル電源を使い家にある電化製品を動かすのであれば、容量は1000Wh以上ある機種がおすすめです。

ジャクリ社
ポータブル電源
容量エコフロー社
ポータブル電源
容量
Jackery 2000Pro
(2022年5月発売)
2160WhDELTA Pro
(2022年1月発売)
3600Wh
Jackery 1500Pro
(2023年2月発売)
1512WhDELTA Max 2000
(2021年9月発売)
2016Wh
Jackery 1500
(2021年3月発売)
1534.68WhDELTA Max 1600
(2022年3月発売)
1612Wh
Jackery 1000Pro
(2022年9月発売)
1002WhDELTA 2
(2022年8月発売)
1024Wh
Jackery 1000
(2020年6月発売)
1002WhDELTA mini
(2021年8月発売)
882Wh
Jackery 700
(2021年5月発売)
708WhRIVER Pro
(2022年3月発売)
720Wh
RIVER 2 Pro
(2023年3月発売)
768Wh
※ ジャクリ社とエコフロー社の製品を1つの表にまとめています
※ 機種は容量の大きい順に並べています

⑤ 使いたい家電を動かせるだけの定格出力を持っていること

ポータブル電源の「定格出力」が、電化製品の消費電力より大きくなければ、その電化製品を動かすことができません。

定格出力が1500W以上あればたいていの電化製品は動かせます。

ポータブル電源を2台持ちする場合、少なくとも1台は定格出力が1500W以上ある機種、もう1台は定格出力1000W程度の機種を選ぶのがおすすめです。

ジャクリ社
ポータブル電源
定格出力エコフロー社
ポータブル電源
定格出力
Jackery 2000Pro
(2022年5月発売)
2200WDELTA Pro
(2022年1月発売)
3000W
(X-Boost 3750W)
Jackery 1500Pro
(2023年2月発売)
1800WDELTA Max 2000
(2021年9月発売)
2000W
(X-Boost 2400W)
Jackery 1500
(2021年3月発売)
1800WDELTA Max 1600
(2022年3月発売)
2000W
(X-Boost 2400W)
Jackery 1000Pro
(2022年9月発売)
1000WDELTA 2
(2022年8月発売)
1500W
(X-Boost 1900W)
Jackery 1000
(2020年6月発売)
1000WDELTA mini
(2021年8月発売)
1400W
(X-Boost 1800W)
Jackery 700
(2021年5月発売)
500WRIVER Pro
(2022年3月発売)
600W
(X-Boost 1200W)
RIVER 2 Pro
(2023年3月発売)
800W
(X-Boost 1000W)
※ ジャクリ社とエコフロー社の製品を1つの表にまとめています
※ 機種は容量の大きい順に並べています

⑥ 出し入れが苦にならないこと(重すぎないこと)

ポータブル電源はソーラー発電をする度に庭やベランダに出し入れする必要があります。

出し入れだけを考えれば「軽い」ポータブル電源の方が理想ですが、軽ければ軽いほどポータブル電源の容量や出力などは小さくなってしまいます

ポータブル電源には「持ち手」が付いて持ちやすくなっていますが、15Kgを超えるとかなり重く感じます。

参考まで言うと、2ℓの水6本入りの段ボールで約12.5Kgです。

ポータブル電源を2台持ちする場合、1台はある程度重さがあったとしてももう1台は多少軽い機種を選ぶのがおすすめです。

ジャクリ社
ポータブル電源
重量エコフロー社
ポータブル電源
重量
Jackery 2000Pro
(2022年5月発売)
19.5KgDELTA Pro
(2022年1月発売)
45.0Kg
Jackery 1500Pro
(2023年2月発売)
17.0KgDELTA Max 2000
(2021年9月発売)
22.0Kg
Jackery 1500
(2021年3月発売)
16.0KgDELTA Max 1600
(2022年3月発売)
22.0Kg
Jackery 1000Pro
(2022年9月発売)
11.5KgDELTA 2
(2022年8月発売)
12.0Kg
Jackery 1000
(2020年6月発売)
10.6KgDELTA mini
(2021年8月発売)
11.0Kg
Jackery 700
(2021年5月発売)
6.8KgRIVER Pro
(2022年3月発売)
7.2Kg
RIVER 2 Pro
(2023年3月発売)
7.8Kg
※ ジャクリ社とエコフロー社の製品を1つの表にまとめています
※ 機種は容量の大きい順に並べています

2台持ちするポータブル電源のおすすめの機種組合せ

おすすめ組合せ1: Jackery 1500ProとJackery 1000Pro

Jackery 1500Pro

2023年2月に発売されたジャクリの最新機種のJackery 1500Pro 。Jackery 1500と同程度の容量・定格出力ながら、充電速度、ソーラー入力数、使用寿命、周波数50/60Hz自動切換えなどで各段の進歩を遂げました。家で使う電化製品のほぼすべてが十分に動かせるスペックで、家用(防災・普段使い)に最も適した1台です。

容量1512Wh出力口シガー1、USB4、AC3
定格出力1800WAC出力3x100V
最大出力3600WUSB出力USB-Cx2: 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/5A 各最大100W
USB-Ax2: Quick Charge3.0 5.6V/3A, 6-9V/2A, 9-12V/1.5A 各最大18W
周波数50/60Hz切替AC入力
出力波形純正弦波AC充電時間2時間
サイズ384x269x307.5mmソーラー入力17.5-60V(動作電圧)/12A、2ポート電流制限24A、
合計1400W
重量17Kgソーラー充電時間2時間(1200W)
5時間(400W)
11時間(200W)
定価(税込)199,800円ファン回転音46デシベル
発売日2023年2月LEDライト
バッテリー三元系リチウムイオンパススルー充電
サイクル数2000回保証期間5年(3年+2年無料延長)

ジャクリ公式サイト Jackery 1500Pro 商品ページはこちら

Jackery 1500Proは200Wのソーラーパネルとのセット販売も用意されています。

Jackery Solar Generator 1500Pro 商品ページはこちら

Jackery 1000Pro

Jackery 1000Pro は、2022年9月に発売された新しいモデルです。Jackery 1000と同じ容量ながら、充電速度、ソーラー入力数、使用寿命、周波数50/60Hz自動切換えなどで各段の進歩を遂げました。消費電力が高い家電の中には一部使えないものもありますが、これだけのスペックで10万円台前半はお買い得感があります。

容量1002Wh出力口シガー1、USB4、AC3
定格出力1000WAC出力3x100V
最大出力2000WUSB出力USB-Cx2: 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/5A 各最大100W
USB-Ax2: Quick Charge3.0 5.6V/3A, 6-9V/2A, 9-12V/1.5A 各最大18W
周波数50/60Hz切替AC入力100V 最大15A
出力波形純正弦波AC充電時間1.8時間
サイズ340x262x255mmソーラー入力17.5-60V⎓11A, 2ポート電流制限22A,
合計800W
重量11.5Kgソーラー充電時間1.8時間(800W)
17時間(80W)
定価(税込)149,800円ファン回転音45デシベル
発売日2022年9月LEDライト
バッテリー三元系リチウムイオンパススルー充電
サイクル数1000回保証期間5年(3年+2年無料延長)

ジャクリ公式サイト Jackery 1000Pro 商品ページはこちら

Jackery 1000Proは800W、100W、80Wと3つのソーラーパネルとのセット販売も用意されています。

Jackery Solar Generator 1000Pro 800W商品ページはこちら

Jackery Solar Generator 1000Pro 100W商品ページはこちら

Jackery Solar Generator 1000Pro 80W商品ページはこちら

おすすめ組合せ2: EcoFlow DELTA 2とRIVER 2Pro

EcoFlow DELTA 2

DELTA 2 は、2022年8月に発売されたエコフロー大容量機種DELTAシリーズの最新機種。容量1024Whはエクストラバッテリーで3040Whまで拡張可能、1500Wの定格出力はX-Boostで1900Wまで出力可能です。リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載し、充電速度、使用寿命(サイクル数)などに優れた1台です。電化製品のほぼすべてが十分に動かせるスペックの上重量も軽く家用(防災・普段使い)に最も適しています

容量1024Wh
(3040Wh迄拡張可能)
出力口シガーx1、USBx6、ACx6、DC5521x2
定格出力1500W
(X-Boost 1900W)
AC出力6x100V
最大出力3000WUSB出力2xUSB-A 各最大12W
2xUSB-A First Charger 各最大18W
2xUSB-C 各最大100W
周波数50/60Hz切替AC入力X-Stream充電 最大1200W 10A
出力波形純正弦波AC充電時間80分
サイズ400x211x281mmソーラー入力11-60V 最大電流15A 最大500W
重量12Kgソーラー充電時間3~6時間(400Wx1)00W)
11時間(200W)
定価(税込)143,000円ファン回転音
発売日2022年8月LEDライト
バッテリーリン酸鉄リチウムイオンパススルー充電
サイクル数3000回保証期間2年 最大5年(保証延長)

エコフロー公式サイト DELTA 2 商品ページはこちら

DELTA2は400W、220Wのソーラーパネルとのセット販売も用意されています。

EcoFlow RIVER 2Pro

RIVER 2Pro は2023年4月に発売されたEcoFlowの最新機種です。容量768Whは少な目ですが、800Wの定格出力はX-Boostで1000Wまで出力可能です。リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載し、充電速度、使用寿命(サイクル数)などに優れた1台です。重量が7.8Kgしかないためソーラー充電のための出し入れも楽で簡単です。

容量768Wh出力口シガーx1、USBx4、ACx4、DC5521x2
定格出力800W
(X-Boost 1000W)
AC出力4x100V
最大出力1600WUSB出力3xUSB-A 最大12W
1xUSB-C 各最大100W
周波数50/60Hz切替AC入力
出力波形純正弦波AC充電時間70分
サイズ270x260x226mmソーラー入力11-50V 最大電流13A 最大220W
重量7.8Kgソーラー充電時間4時間(110Wx2)
定価(税込)88,000ファン回転音
発売日2023年4月LEDライト
バッテリー三元系リチウムイオンパススルー充電
サイクル数3000回保証期間2年 最大5年(保証延長)

エコフロー公式サイト RIVER 2Pro 商品ページはこちら

RIVER 2Proは220Wのソーラーパネルとのセット販売が用意されています。

まとめ

ポータブル電源とソーラーパネルの2セット持ちを選ぶポイントは、同じメーカーの機種で合わせ充電速度が速く使い勝手が良いことです。

それぞれの家庭で使いたい電化製品にあわせて機種選びをする必要がありますが、1つの目安として1台目は定格出力が1500W以上、2台目は定格出力が1000W以上の機種がおすすめです。

ジャクリ社製品ならJackery 1500ProとJackery 1000Pro、エコフロー社製品ならDELTA 2とRIVER 2Proといった組み合わせです。

ポータブル電源の2セット持ちについては、こちらの記事もご覧ください

普段使いのポータブル電源は、ソーラパネルとの2セット持ちが最強の理由 みなさんこんにちは ! ありーなです 災害への備えや普段使いのために、容量2000Whクラスのポータブ...

ポータブル電源に関する記事一覧は、こちらをご覧ください

https://www.sonaelarena.com/menu-portable-power/

ABOUT ME
あり~な
エネルギーや食料の不安・価格高騰から大切な家族を守るため、役立つのはポータブル電源と備蓄(食料・日用品など)です。迫りくるリスクにしっかり備える方法やアイデアを紹介します。詳しくは「プロフィール」をご覧ください