持っててよかったポータブル電源
備蓄・節約

日本人にとって当たり前の「おせち料理と日本酒のある年末年始」が、今回が最後かもしれないと思う理由

とりよせおせち
一部の記事でアフィリエイト広告を利用しています

早いものでもう11月。そろそろ年末年始の予定を考え始めた人も多いのではないでしょうか?

わが家では自分で作ったおせち料理を重箱に詰め、妻と私それぞれの実家を大晦日と元旦に1日ずつまわるのが恒例となっています。

しかしこのような年末年始は、今回を最後にしばらくできないのではないかと思っています。

今回の記事では、「おせち料理とお酒を囲んで大切な人と過ごす」日本人にとって当たり前の年末年始が、今回を最後にしばらくできなくなるかもしれない理由を紹介します。

ここ数年続いた自粛の影響を受け、家族そろって正月を祝うということができなかった家庭も多いのではないでしょうか。

そんな人も次の年末年始は無理を押してでも、しておいた方がいいことがあります。

それは、いつも以上に豪華なおせち料理とお酒を用意して、大切な人と大切な時間を過ごすことです。

この記事の後半では、おせち料理を手作りしないという人のために、今からでも早期割引で安く予約できる人気のお取り寄せおせち料理を紹介します。

また年末年始には欠かせない美味しい日本酒も紹介します。

是非最後までご覧ください。

この記事を読むと、次のようなことが分かります。

この記事でわかること

✔ 今回の年末年始がとても貴重であることが分かります

✔ お取り寄せおせち料理を安く早割で予約できます。

✔ 高くなる前に買っておくべき年末年始用の日本酒が分かります。

大切な人を守るために「将来に備えること」を日々探究している50代の「あり~な」がお伝えします!

日本人にとっての当たり前の年末年始が今年で最後と思う理由

数年間続いた騒動の影響は少し落ち着いた感がありますが、来年2023年以降はまた違った大きな試練が訪れそうです。

そのダメージがどれほどのものになるかは分かりませんが、我々の暮らしが今よりも更に悪化させられるのは既定路線のようです。

そしてこの苦しい状況は少なくとも数年は続くと予想できるため、日本人の誰もが待ち望む平和な年末年始は今回が最後となりそうです。

そう考える理由を紹介します。

家族そろって過ごせるのは今回が最後かもしれないから

今生きている我々は「人類を脅かす恐ろしい病」と騒がれたものから逃れ生き延びました。

しかし最近は、原因不明で体調を崩したり急に亡くなる人も増えているというから安心はできません。家族の誰かがある日突然いなくなるなんてこともあるのかもしれません。

北朝鮮がミサイルを発射した、中国が台湾進攻を企んでいる、新しい流行り病が出現する、巨大地震が起きる、食料危機で日本人にも餓死者がでる、エネルギー危機で凍死者が出る。

陰謀論なのか本当のことなのか知りませんが、かつてないほど先を見通せない時代になっているのは間違いありません。

これだけ多くのリスクが身の回りにあることを考えると、大切な人と今ここに入れることが奇跡にさえ思えてきます。

「大切な人といつまでも一緒にいられる」「来年、再来年の年末年始も家族と一緒に過ごせる」

そんなことは到底思えないような時代になってしまいました。

年末年始の豪華な食事はもう食べられないかもしれないから

日本の誇る伝統料理とも言えるおせち料理は、たくさんの食材を使い色鮮やかに盛り付けます。

しかし最近はおせちに使う食材の半分以上は輸入品といわれ、その輸入元はアメリカや中国、ブラジル、タイ、ベトナムなど多岐にわたります。

もし海外から食材が輸入できなくなったら今のようなおせち料理はもう食べられません。

今世界では、異常気象やあらゆる物の値段の高騰により、収穫量減、作付け耕地の減、農家の廃業などが増えています。

そして引き起こされる食料不足により外国ではすでに食品価格高騰、食料買占め、輸出制限なども起きています。

日本は円安というハンデを抱え他国に買い負けるリスクもありますし、物流が一気に止まる台湾有事というリスクも背負っています。

それを考えると豊富な食材を使った豪華なおせち料理を食べられるのは、今回が最後のような気がしてきます。

数年後にはおせち料理からお肉が消えているかもしれないから

おせち料理の中には肉を使ったものも多くあります。

しかし「持続可能」という言葉の下で行われている最近の社会の流れを見ていると、家畜からとれる食材を食べられなくなる日がすぐそこまで迫っているような気がします。

もしそうなのであれば、おせち料理から肉が消え代わりに昆虫が入る日が本当に来るのかもしれません。

お肉の入っていないおせち料理なんて食べたいとは思いません。

肉に対する世の中の流れについてはこちらの記事をご覧ください

牛豚鶏肉備蓄 長期保存
牛・豚・鶏肉を備蓄(長期保存)して食料不足に備える今食べているお肉は、値上げや品不足で食べられなくなるかもしれません。備蓄(長期保存)におすすめの肉製品を牛、豚、鶏に分けて紹介します。わしたポークやあいこちゃんの缶詰など化学調味料・添加物不使用の商品です...

日本酒の価格高騰や品不足が今後一気に進むかもしれないから

エネルギーや資材価格の高騰を受け、2022年9月以降すでに多くの日本酒銘柄の値上げがされていますが、12月以降に値上げする銘柄もどんどん追加され値上げの波は止まる気配はありません。

今は値上げだけですんでいますが、今後食料不足が進んだ場合日本酒に使う米にも影響が出る可能性があります。

日本酒には食用米とは違う酒米が多く使われていますが、食用米が不足してくるようであれば酒米が食用に回される可能性は否定できません。

そうなってくると「年末年始に日本酒を飲みながら団欒」なんてことはできなくなります。

早割での予約がまだ間に合うお取り寄せおせち料理

というわけで今回の年末年始はまだおせち料理も日本酒も口にすることができそうです。

大切な人と一緒に過ごせることを感謝しながら、素敵な時間を過ごしましょう。

残り時間はあまりありませんが、「早期割引で予約ができるお取り寄せおせち料理」と「大切な人と飲みたい日本酒」を紹介します。

匠本圃 料亭おせち

匠本圃の料亭お節は、全国の料亭・名店に監修を依頼した匠本圃オリジナルのおせちです。約30種のおせちを用意し、販売実績240万個顧客満足度94%以上を誇り、お節通販人気No1に選ばれたショップです。ネットショップ大賞12年連続1位を獲得しています。


【早割】12月10日までの予約で最大24000円割引
【送料】送料無料
【配達】12月29~31日冷蔵状態(常温便/冷蔵便のいずれか)で配達されます

中国産主原料不使用、合成保存料不使用、合成着色料不使用で安心・安全にこだわったおせち料理です

おまかせ健康三彩のおせち料理

おまかせ健康三彩 のおせち料理は、フレッシュ惣菜や冷凍総菜を主に行っているトオカツフーズが販売しています。
「ポケモンおせち」は子供のいる家庭で人気です。


【早割】11月30日までの予約で1000円割引(終了)
【送料】送料無料
【配達】12月30日冷凍配送で配達されます

板前魂本店

板前魂本店は1年を通じてお節料理のみを行う専門店で大量仕入れでコストダウンを実現。冷凍おせち(24~36時間置くだけで簡単解凍)だからできる添加物を極力使わないおせちを提供しています。

【早割】12月8日までの予約で200~700円引き(終了)
    あわせて会員優待割引200~1000円引き
【送料】送料無料
【配達】12月30日(変更可)にクール便で配達されます

中国産主原料不使用、ゾルビン酸無添加、合成着色料不使用、念入りな細菌検査で安心・安全にこだわったおせち料理です

割烹料亭千賀監修「おせちの千賀屋」

割烹料亭千賀監修 おせちの千賀屋 は創業51年、累計製造販売数416万セットを誇るお節料理の専門店です。安心・安全を追求した最新鋭のおせち専用工場で製造されるおせちは、日本でもトップクラスの管理基準に従いお届けまでに5回の検査を実施しています。

【早割】11月30日までの予約で100~2,000円引き(終了)
【送料】送料無料
【配達】配送希望日は注文時に選べます。指定がない場合、冷凍おせちは12月29日、冷蔵おせちは12月30日に配送されます。

中国産主原料不使用、保存料不使用、徹底した品質管理で安心・安全にこだわったおせち料理です

年末年始に大切な人と飲みたい日本酒

年末年始に向けて日本酒の値段はどんどん上がっていきます。

それでなくても今後はさらなる価格高騰や品不足が予想されるため、年末年始用のお酒は前もって早めに購入しておくことがおすすめです。

朝日酒造 久保田 萬寿 純米大吟醸 1800ml

2022年10月の価格改定で800円近く値上げされた久保田の萬寿ですが、名の知れた人気の銘柄なため年末に向け需要が増え更に価格が上がることが予想されます。

特別な時間となる今年の年末年始を彩るお酒として、間違いのない1本です。

特定名称純米大吟醸
酒造名朝日酒造
都道府県新潟県
原料米(精米歩合)五百万石(麹米50%)/新潟県産(掛米33%)
アルコール度15度
日本酒度+2.0
酸度1.2

獺祭 純米大吟醸 磨き3割9分 DX箱入り 1800ml

2022年7月の価格改定で400円ほど値上げされた獺祭の純米大吟醸 磨き3割9分紙箱入りですが、獺祭の味を一番楽しく味わえるお酒と言われる人気の銘柄です。こちらも年末に向け需要が増え更に価格が上がることが予想されますので早めの購入がお得です。

美味しいお酒を手ごろな値段で楽しみたい人におすすめです。

特定名称純米大吟醸
酒造名旭酒造
都道府県山口県
原料米(精米歩合)山田錦(精米歩合39%)
アルコール度16度
日本酒度+6.0
酸度1.1

賀茂鶴 大吟醸 特製ゴールド 720ml x 2本

大吟醸特製ゴールド2本が金の化粧箱に入ったセットです。桜の花びら型の金箔が入ったお酒で正月のお祝いにピッタリ。金箔入りの大吟醸の先駆けとして昭和33年に発売されて以来、多くの人に愛されてきました。お酒に浮かんだ金色の桜の花びらを見ながら飲むお酒は格別です。

正月のギフトにふさわしいお酒を探している人におすすめです。

特定名称大吟醸
酒造名賀茂鶴酒造
都道府県広島県
原料米(精米歩合)山田錦(精米歩合50%)
アルコール度16度
日本酒度+1.5
酸度1.2

南部美人 大吟醸 1800ml

2018年ワイングラスでおいしい日本酒アワード最高金賞、2020年インターナショナル・サケ・チャレンジ銀賞受賞など、多くの品評会で認められているお酒です。

フルーティーな香りと淡麗辛口の味わいで、飲みやすいお酒を好む人におすすめです。

特定名称大吟醸
酒造名㈱南部美人
都道府県岩手県
原料米(精米歩合)山田錦/ぎんおとめ(精米歩合40%)
アルコール度16度
日本酒度+5
酸度1.3

まとめ

日本人の我々が毎年当たり前のように迎えていた年末年始は、今年が最後になるかもしれません。

【日本人にとって当たり前の年末年始が今年で最後と思う理由】

家族そろって過ごせるのは今回が最後かもしれないから

✔ 年末年始の豪華な食事はもう食べられないかもしれないから

✔ 数年後のおせち料理からお肉が消えているかもしれないから

日本酒の価格高騰や品不足が今後一気に進むかもしれないから

最後になるかもしれない貴重な時間だからこそ、大切な人と一緒に過ごせることを感謝しながら美味しいおせち料理と日本酒で素敵な年末年始を過ごしましょう

ABOUT ME
あり~な
エネルギーや食料の不安・価格高騰から大切な家族を守るため、役立つのはポータブル電源と備蓄(食料・日用品など)です。迫りくるリスクにしっかり備える方法やアイデアを紹介します。詳しくは「プロフィール」をご覧ください