ポータブル電源の選び方

記事一覧

【目次】リンクをクリックすると該当部分にジャンプします

1. ポータブル電源/ソーラーパネルの選び方
 1) ポータブル電源/ソーラーパネル選びの参考記事
 2) 状況に合わせたポータブル電源の選び方
2.
3.

ポータブル電源/ソーラーパネルの選び方

1)ポータブル電源/ソーラーパネル選びの参考記事

ポータブル電源-後悔サムネ

ポータブル電源購入者の声を参考にしながら、防災用・普段使いの一台を後悔や失敗なく選びましょう。アマゾンなどの購入者の声を参考としつつ、自分の暮らしに合わせて具体的に想定(イメージ)しておくのがポイントです

趣味や仕事で使われることが多いポータブル電源。家庭で使うポタ電は選び方が少し変わります。家庭用ポータブル電源を選ぶポイントを理解すれば、電気代節約、電力不足や災害時に役立つ1台を家に備え、エネルギー危機にサバイバルできるようになります

ポータブル電源-買う-タイミング-2

高額商品であるポータブル電源は、購入する一歩が踏み出しにくい商品です。購入に踏み切るポイントを知ることで、値段が安くなるかもと買うことを先延ばししたり、購入して後悔するようなリスクを減らせます

ポータブル電源の普段使いを効率的に便利にしてくれる2セット持ち。ポータブル電源とソーラーパネルを選ぶポイントは、同じメーカーの機種で合わせ充電速度が速く使い勝手が良い機種を組み合わせること。機種選びのポイントとおすすめの組合せを紹介します

価格.comのポータブル電源人気売れ筋ランキングを元に、どんなポータブル電源が良く売れているのかを分析しました。Jackery、EcoFlowなど、みんなが買っている機種の傾向が分かります

Bluetti(ブルーティ)、EcoFlow(エコフロー)、Jackery(ジャクリー)など人気メーカーの偽サイト・詐欺で損しないための情報です。だましの手口を知り、セールで売られている実際の価格を知れば騙されません

大手ショッピングサイトアマゾン(amazon)でポータブル電源を購入する時に、販売元の信頼性を確認する方法を紹介します。販売業者に対する購入者による評価(レビュー)を見るポイントを抑えることで安くお買い得な商品を失敗なく購入できます

2)状況に合わせたポータブル電源の選び方

防災用ポータブル電源の選び方を3STEPで紹介します。自分が住んでいる地域、災害への考え方、家族構成などに合わせ、「我が家に必要なポータブル電源」を選ぶ参考としてください

停電や計画停電に備えポータブル電源でバックアップ体制を作る3つの方法と、それぞれにおすすめのポータブル電源(EcoFlow、Bluetti、Jackery)、エクストラバッテリー、ソーラーパネルを紹介します

EcoFlowスマートホームパネルとDELTA Proで構築するバックアップ電源を紹介します。家の電気を一括管理し停電や電気代節約にも役立つシステムです。購入前に疑問や不安のある人はぜひご覧くださいE

暖冬と言われた今年の冬も寒波や大雪がニュースが増えてきました。雪のあまり降らない地域で大雪が降ったときに考えられるリスクを想定し、それぞれに役立つポータブル電源の選び方・おすすめ機種を紹介します

戦争がきっかけでエネルギー輸入が止まるかもしれませんし、突然の大規模災害が起きるかもしれません。起きないと思われがちな計画停電ですが、ポータブル電源を選ぶなら「計画停電に備える」という視点も必要です

災害(防災)用ポータブル電源は在宅避難に備えるのが基本です。直面しそうな避難生活を在宅避難、避難所生活、車中泊避難の3つに分け、自分に合ったポータブル電源の選び方・ポイントを紹介します

災害から大切な人を守るため、防災用にポータブル電源を備えましょう。被災時の在宅避難(自宅での避難生活)用におすすめのポータブル電源をランキング形式で紹介します

計画停電に備えポータブル電源を買うなら、ライフスタイルに合わせた機種選びが必要です。日中外出が多い人向けのおすすめ機種を人気メーカー4社(アンカー、ブルーティ、エコフロー、アンカー)から紹介します

災害に備えてポータブル電源を購入するなら、必ずソーラーパネルとセットで購入しておきましょう。人気ポータブル電源メーカージャクリとエコフローの商品から、防災用に適したポータブル電源を紹介します