ポータブル電源の知識

記事一覧

ポータブル電源/ソーラーパネル関連の知識

1) ポータブル電源の用語

「ポータブル電源とはどんなものか?」「どんな使い道があるのか?」「どんな使い方ができるのか?」そんな疑問にお答えします

「ポータブル電源の容量で知っておくべきことは?」「どんな点に気を付けて容量を選べばいいの?」そんな疑問にお答えします

「ポータブル電源の定格出力って何?」「定格出力の大きさと使える家電の関係は?」「出力の大きな家電が使える定電圧機能って何?」そんな疑問にお答えします

「ポータブル電源の最大出力って何?」「最大出力はどんな時に役立つの?」「最大出力の大きさと起動電力の関係は?」

「ポータブル電源の環境温度って何?」「ポータブル電源は暑いところ、寒いところで使えるの?」「高温環境/低温環境で使う時の注意点は?」そんな疑問にお答えします

「ポータブル電源はどれくらい持つの?」「ポータブル電源の寿命(サイクル数)って何?」「ポータブル電源を長持ちさせるにはどうしたら良いの?」そんな疑問にお答えします

「ポータブル電源の出力ポートにはどんな種類があるの?」「AC/DCそれぞれの出力ポートの用途は?」そんな疑問にお答えします

「ポータブル電源はどうやって充・放電しているの?」「搭載しているリチウムイオン電池の種類と特徴は?」「リン酸鉄と三元系それぞれの強み・弱みは?」そんな疑問にお答えします

「ポータブル電源の波形って何?」「正弦波・矩形波とは?」ポータブル電源の周波数って何?」「Hz固定、ヘルツふりーとは?」「波形と周波数はどれを選べばいいの?」

「ポータブル電源の静音性って何?」「どうやって確認すればいいの?」「静音性が高いポータブル電源の選び方は?」そんな疑問にお答えします

「ポータブル電源のスマホアプリって何?」「どうやってスマホとポータブル電源をつなぐの?」「遠隔操作で何ができるの?」そんな疑問にお答えします

2) ポータブル電源の必要性・メリット/デメリット

毎日のように使っているからわかるポータブル電源の価値(メリット)を紹介します。「ポータブル電源はいらない!」と言う人がいたら、この価値を伝えてください。家族を守るためにポータブル電源とソーラーパネルは必要です

「ポータブル電源は買うべきか?」迷っている人はこの記事をご覧ください。大切な家族を守るためポータブル電源が必要な理由を説明します。ソーラーパネルとセットで購入し無料の電気を自分で作れる安心感を手に入れましょう

「ポータブル電源は高いから必要ない」という人には、ソーラーパネルとセットで購入することを提案してみてください。電気が使えなくなるリスクに備え、自分で電気を作れる仕組みを持つことは立派な「保険」です

家族みんなのやりたいことが続けられる!使ってみないと分からないポータブル電源のメリットです。電気代が高騰し生活が苦しくなると削減対象にあるのは趣味やストレス発散のお金。ポータブル電源でやりたいこと・好きなことを続けられる環境を持ちましょう

ポータブル電源で子供の未来を守る!使ってみないと分からないポータブル電源のメリットです。電気代が高騰し生活が苦しくなると、一見無駄に見えることを削減しがちです。ポータブル電源で子供の成長や才能を伸ばす機会を奪わないようにしましょう

電気の量が見えると家族の意識と行動が変わる!使ってみないと分からないポータブル電源のメリットです。電気のありがたみや節電(省エネ)意識など、家族全員が共通意識を持ち行動できるため、困難な時代を生き抜く基盤がつくれます

子供を持つ親や働く女性はポータブル電源とソーラーパネルを家庭に備えましょう。電気料金高騰・電力不足から大切な家族を守るため、無料で作った電気で電気代節約やさまざまなメリットを活かすため、Jackery1000Proがおすすめです

ポータブル電源の価格は高い!というのは本当でしょうか?ソーラーパネルと共に使うことで生まれる特別な価値を考えれば、ポータブル電源の値段は決して高くないということを説明します

ポータブル電源は防災用+普段使い用(節電)で買うのがおすすめです。高いと感じるポータブル電源もソーラーパネルとセットで購入し、無料の電気を作れるようになれば災害・非常時でも日常生活でも役立ちます

ポータブル電源とソーラーパネルは防災用に必要なの?そんな迷いを解消するために世界規模・日本で起きるかもしれない突然の停電リスクを紹介します。太陽フレア、テロ、地震、噴火など、一度起きたら広範囲に壊滅的な被害をもたらします

台風により引き起こされる停電の実態を知ることで、台風が来る前に備えておくべきことが分かります。災害用に買ったポータブル電源のメリットを最大限活かすための準備とは。停電が起きる理由や停電経験者の困ったことなどを紹介しながら考えます

災害・停電時に備え、ポータブル電源とソーラーパネルを持つべきメリットを4つ紹介します。「防災のため」という目的だけでも、これだけ大きなメリットをもたらしてくれるのがポータブル電源とソーラーパネルのセットです

防災用に人気のポータブル電源とソーラーパネル。買った後に後悔するかもしれないポイントをまとめました。災害に備えてポータブル電源選びをする人は是非参考にしてください

今年の夏に起きた災害での停電時、ポータブル電源を使った人から聞こえてきたのは「ポータブル電源が役立った」という声ばかりでした。台風や豪雨で停電を体験した人がポータブル電源の何が役立つと感じたのかを紹介します

ポータブル電源とソーラーパネルを早めに買うべき理由を紹介します。天災だけでなく人災も含めた災害が起きる兆候が出始めると需要が一気に高まります。国民性や社会状況を見ていると早めに買っておくことをおすすめします

ポータブル電源は必要か?それを考える材料として、日本のエネルギー(原油・石炭・LNG)輸入や発電燃料の備蓄状況、輸送ルート、電力会社の電源構成に関するデータを紹介します

中東での戦渦が拡大しホルムズ海峡封鎖の可能性が出てきた今、ポータブル電源を購入し備えるタイミングです。計画停電や電気代高騰だけでなく災害や電気料金節約にも活かせるポータブル電源はやはり必要です

電気代値上げだけでなく中東情勢等の影響を受けた場合、ポータブル電源の需供バランスが急速に混乱するリスクがあります。節電目的で購入を検討する人が増えると予想される中、今知っておきたいことをまとめました

家でポータブル電源を普段使いするならソーラーパネルとセットで使わないのはもったいない。ソーラーパネルセットで使うメリットと、ソーラーパネルを家で使う為のチェックポイントを紹介します

ポータブル電源普段使い2台持ちサムネ

ポータブル電源を普段使いするなら、ソーラーパネルとの2セット(複数セット)持ちが最強です。「電気を充電しければ使えない」ことから生じるポータブル電源の不便さを減らしてより快適に効率よく使えるようになります

曇りや雨の日が何日も続く「最悪の状況下」で、ポータブル電源をソーラー充電してどれだけ「節電」できるかを実験してみました。最悪の状況下でどんなことができることを知っていれば、それぞれの家庭で成し遂げたい節約の参考になります

ポータブル電源/ソーラーパネルの使い道

1)ポータブル電源で料理を作る

① 電気・ガス代ゼロ円の節電料理

節電調理法

電気代節約-ポータブル電源サムネ

あらゆるものの価格が高騰している中、無料の電気で調理家電を動かして電気代・ガス代を節約しましょう。ソーラーパネルとポータブル電源、自動調理機/電気圧力なべを持っていれば、節電だけでなく災害時にも役立ちます

ソーラー発電した「無料の電気」を使えば、電気代もガス代ゼロ円の節約料理が作れます。今回紹介する「炊飯器で一発定食」は、短時間で一度に食事が作れ、ポータブル電源に溜めた電気の節約にもつながる災害時にも役立つ調理法です

ソーラー発電した「無料の電気」を使えば、電気代もガス代ゼロ円の節約料理が作れます。今回は炊飯器で煮豚を作りました。電気代・ガス代節約だけでなく、災害に備える意味でもソーラーパネルとポータブル電源で食事を作れる体制づくりが今後更に必要となります

ソーラー発電した「無料の電気」を使えば、電気代もガス代ゼロ円の節約料理が作れます。今回は電子レンジで肉じゃがを作りましたが2度も失敗しました。そこで気づいた電子レンジ料理で失敗しないコツを紹介します。美味しい料理が作れれば節電も続けられます

節電調理家電選び

ポータブル電源で炊飯器を使いごはんを炊きたい場合、ポータブル電源をこれから購入する人は定格出力1500W以上のポータブル電源、既に1000W以下の機種を買ってしまった人は消費電力が小さい小電力の炊飯器を買うのがおすすめです

ソーラー発電で作った無料の電気を使いポータブル電源につないだ調理家電を動かせば、電気代・ガス代ゼロ円の節電料理が作れます。消費電力100~500W台の調理家電なら定格出力の小さなポータブル電源でも動かせます

ソーラー発電で作った無料の電気を使いポータブル電源につないだ調理家電を動かせば、電気代・ガス代ゼロ円の節電料理が作れます。消費電力600W台の調理家電なら中出力のポータブル電源でも動かせます

ソーラー発電で作った無料の電気を使いポータブル電源につないだ調理家電を動かせば、電気代・ガス代ゼロ円の節電料理が作れます。消費電力700W台の調理家電なら中出力のポータブル電源でも動かせます

ソーラー発電で無料の電気を作り調理家電をポータブル電源につないで使えば、電気代・ガス代ゼロ円の節電料理が作れます。消費電力800~1000Wの機種を使えば、中型ポータブル電源であっても高熱費高騰や災害時に役立ちます

消費電力の大きい電子レンジは高出力なポータブル電源でないと動かせません。家庭にある電子レンジにつないで使えるポータブル電源はどれなのか。電子レンジの種類・機能ごとに調べた消費電力の数値を元に、おすすめのポータブル電源を紹介します

② 無水調理(電気・ガス・水道代ゼロの最強料理)
無水調理法

ポータブル電源、ソーラーパネル、無水調理ができる調理家電の3つがあれば、電気・ガス代、水道料金ゼロ円で料理が作れます。無水調理はヘルシオホットクックが優れています。これからの水道光熱費の値上げ、災害・停電への備えにおすすめの方法です。

定格出力1800Wのポータブル電源Jackery 1500で消費電力800Wの調理家電(ホットクック)を動かして料理を作りました。電気代・ガス代はゼロ円、無水調理なら水道代も0円の省エネ料理です。実際の調理時間や使用電力などを紹介します

定格出力1000Wのポータブル電源(Jackery 1000Pro)で消費電力800Wの調理家電(ホットクック)を動かして料理を作りました。電気代・ガス代はゼロ円、水道代も節約できる省エネ料理の実際の調理時間や使用電力などを紹介します

無水調理家電選び

消費電力1000W未満の調理家電で無水料理が作れれば、小さめのポータブル電源を使い「電気代・ガス代・水道料金ゼロ円」の節約料理が作れます。水道光熱費の価格高騰に備え、無水調理ができる自動調理鍋や電気圧力鍋を備えることをおすすめします

無水調理が得意な自動調理鍋「ホットクック」は、電気代・ガス代、水道料金を節約できる調理家電の大本命です。新型・旧型それぞれの機種を比較しながら自分に合った1台の選び方・選ぶ手順を紹介します

2)ポータブル電源で電化製品を動かす

ポータブル電源で冬に暖房(エアコン)を使いたいと考えている人の疑問に答えます。災害時や電気代節約のために、ポータブル電源でエアコンを使用したいと考えている人はぜひご覧ください

ポータブル電源 ヒーター 冬

ポータブル電源を使い冬の暖房機器(電気ストーブ/ヒーター)を使いたい人の疑問に答えます。電気代節約や災害への備えでポータブル電源を買うときの参考としてください

文系人間の私にとって、電気やポータブル電源の話しは少し分かりづらくてとっつきにくいものでした。でもこれをイメージするようにしたら、容量(Wh)、定格出力・瞬間最大出力(W)やA(電流)、V(電圧)などがすっきり整理できるようになりました

「災害や電力不足で家の電気が急に使えなくなったらどうしよう」こんな不安を抱える人に向けて、家庭用発電機とポータブル電源のどちらがおすすめなのか、その理由と共に紹介します。リスクへの備えだけでなく日常生活の電気代節約にもつながる方法です

リチウムイオン電池内蔵のポータブル電源には発火や火災、爆発事故の危険があります。事故を起こさないためのポイントと起きてしまった時の対処について消防署、ポータブル電源メーカー、消火器メーカーに聞きました。おすすめ消火器もあわせて紹介します

ポータブル電源の寿命は人間でいうところの健康寿命です。寿命やサイクル数の意味を正しく理解し、バッテリーを消耗・劣化させない正しい方法で使うことは大切です。サイクル数の数え方の具体例や充電・使用・保管時の注意点を紹介します

電気代の値上げと共にその価値が上がっていくソーラーパネルとポータブル電源の盗難・窃盗は、今後増えていくと予想できます。盗難が増えるその理由と、リスクに備えて今しておくべき盗難防止対策を紹介します

停電時に力を発揮するUPS/EPS付ポータブル電源について紹介します。無停電電源装置と非常用電源装置の違い、UPS/EPS付ポータブル電源が役立つ場面、どんな機種があるかを通じて説明しています

ポータブル電源を使い炊飯器の電気代節約について調べたところ、エコモードとは標準の炊き方に対してエコということであり、早炊きモードとエコモードは電力消費に大差ないということが見えてきました。節電・省エネのご参考まで